タイヤ/ TIRE

タイヤ

タイヤ
安心・安全は足元から。
タイヤの溝が減るとすべりやすく止まりにくくなって危険。燃費向上のため、3ヶ月に1回は空気圧のチェックをしましょう。

タイヤについて

タイヤについて

タイヤには、クルマを動かす、止まる、進む、曲がる、荷重を支える、路面からのショックを吸収する、といった役割を持っています。

タイヤは走行により空気圧が減るとともに、摩耗します。摩耗したタイヤはブレーキの利きが悪くなり、雨天時にスリップしやすくなったり、場合によってはタイヤがバースト(破裂)するおそれがあるので、定期的な交換が必要です。
タイヤは自然に空気圧が減り、また走行とともに摩耗していきます。摩耗したタイヤはブレーキの利きが悪くなり、雨天時にスリップしやすくなったり、場合によってはタイヤがバースト(破裂)するおそれもありますので、定期的な点検が必要です。
また、タイヤはクルマにより専用のサイズがありますので、交換時にはお近くの神戸トヨペット各店にご相談ください。

溝について

スリップサインはタイヤ横にある▲のマークのある部分にあります。 スリップサインとはタイヤ溝の使用限界の1.6ミリ以下になると、そのタイヤの限界がきたことを警告するサインのことです。
スリップサインが出る前に早めの交換をおすすめします。

摩耗状態と発生原因

タイヤは4輪全てが均等に摩耗しません。一般的に前輪駆動車ではフロントタイヤ、後輪駆動車ではリアタイヤの摩耗が早く進みます。
特にFF車では、フロントタイヤに制動力・駆動力、コーナリングの力が集中的に働くために、リアタイヤの2倍以上も摩耗が進みます。
タイヤの異常摩耗は、使用条件や車両が原因で発生する場合があります。
摩耗状態に応じた適切なメンテナンスが必要です。

両肩摩耗 両肩摩耗 両肩のショルダー部がセンター部に比べ、早く摩耗する。 ●空気圧過小
●過負荷状態での使用
FF車・1BOXミニバンの前輪
中央摩耗 中央摩耗 トレッドの中心部が早く摩耗する ●空気圧過多 FR車

空気圧について

タイヤ空気圧はタイヤに異常がなくても徐々に低下していきます。
タイヤの空気圧が減ったまま使用すると、ハンドルが重くなったり、タイヤの偏摩耗が発生したり、燃費が悪化するなどさまざまな悪影響を及ぼします。
タイヤの長寿命や性能を発揮できるよう、定期的なタイヤ空気圧の点検もおすすめします。

タイヤ交換の目安

タイヤの使用限度は規定では残り溝1.6mmですが、一般的には残り4~3mmで性能が急激に落ちてきます。
高速走行時やウエットな路面でのブレーキ性能が極端に落ちますので、使用状況に合わせて早めの交換をおすすめします。
ヒビ(亀裂)は走行に関係なく経年劣化により必ず発生します。亀裂や損傷のあるタイヤはバースト(破裂)の危険性があるため、溝の残り具合を問わず交換時期となります。

夏用から冬用、冬用から夏用のタイヤに交換されるシーズンオフの時にタイヤの置き場所でお困りの方へ

シーズンオフタイヤ保管サービス

各メーカー取り扱い

タイヤ各メーカー取扱い。お求めやすい価格でご用意いたします。

  • GOOT YEAR
  • YOKOHAMA
  • DUNLOP
  • TOYO TIRES

各種点検、交換部品・用品の時期について

1年に1回の健康診断のように、クルマもベストコンディションを保つには、定期的な点検、交換が大切です。
点検はいつ行うのか、交換の時期はいつなのか、スケジュールでご紹介します。

点検スケジュール

 
点検スケジュール
交換部品・用品スケジュール目安
1年目
新車1ヶ月無料点検
 
新車6ヶ月無料点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

法定12ヶ月点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

2年目
プロケア10 6ヶ月点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

法定12ヶ月点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

3年目
プロケア10 6ヶ月点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

4年目
プロケア10 6ヶ月点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

5年目
プロケア10 6ヶ月点検

【交換部品・用品スケジュール目安】

一覧から選ぶ

メンテナンスしたい

もしも事故にあったら

ホーム>メンテナンスしたい>ベストコンディションを保つ>タイヤ

pagetop