神戸トヨペットニュース

リリース情報/ RELEASE NEWS

リリース情報

アクアをマイナーチェンジ

-デザインを一新し、クロスオーバースタイルを進化させた「Crossover」を設定-


2017-619-aqua-news.jpg


アクアをマイナーチェンジし、6月19日*1に発売しました。

今回のマイナーチェンジでは、外観の意匠を大幅変更しました。
アクアのデザインの特徴である「親しみやすさ」「軽快さ」はそのままに、より先進的で洗練されたデザインとしました。

フロントは、伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめフードやフェンダー、バンパーなどの意匠を変更することで、さらに洗練されたイメージを付与。リヤは、コンビネーションランプ内の意匠を変更するとともに、リヤリフレクターをバンパー下部に新たに配置し、より安定感あるスタイルとしました。

内装では、センターメーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイを標準装備*2
センタークラスターは一体となった面構成とし、新たにホワイトソフトレザー(合成皮革)*3のシートを採用するなど、先進的かつ上質なイメージを付与しました。

走りにおいては、ボディ剛性を強化するとともに、タイヤサイズも175/65R15から185/60R15に大きくすることにより、優れた操縦安定性を確保するとともに、乗り心地も向上させています。

さらに、従来型「X-URBAN」を見直し、クロスオーバースタイルをより進化させた新グレード「Crossover」を設定。
グリルやルーフモール、16インチ専用アルミホイール、フェンダーアーチモールなどアクティブなイメージを付与する専用デザインとしています。
走りにおいては、専用のチューニングを施し、SUVらしいしっかりとした操舵感を追求しながら、乗り心地も向上させています。

外板色には、新規開発色のクリアエメラルドパールクリスタルシャイン、ジュエリーパープルマイカメタリックをはじめ、新規設定色のベージュ(「Crossover」専用色)などを含む14色を設定。
さらにボディカラーと異なるカラーパーツを組み合わせたFLEX TONE4色*4を加えたカラーバリエーションとしました。

あわせてウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車同様の改良を施しています。

*1 「Crossover」は7月発売予定
*2 「L」を除く
*3 「Crossover」「G"ソフトレザーセレクション"」に設定
*4 「G」「G"ソフトレザーセレクション"」にオプション設定


詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

アクアメーカーサイトはこちらをご覧ください。
アクア ウェルキャブメーカーサイトはこちらをご覧ください。

ハリアーにターボエンジンを搭載

-マイナーチェンジで、「ハリアーネス」をさらに進化-

20170608_001.jpgPROGRESS"Metal and Leather Package"(2.0L直噴ターボ・2WD)

・2.0L直噴ターボエンジン搭載による爽快な走りを実現
・衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとする先進装備を充実

1997年に、ハリアーの初代モデルを発売。「WILD BUT FORMAL」のキャッチコピーのもと、「高級クロスオーバーSUV」という新ジャンルを開拓した。2003年に発売した2代目は、プリクラッシュセーフティの世界初導入やハイブリッド車の導入など、初代以来築いてきた「高級・先進・洗練」を軸とする「ハリアーネス」を確固たるものとするべく開発されました。

2013年に発売した3代目は、国内専用車として開発。高級クロスオーバーSUVのパイオニアに対する高い期待に応えるべく、ハリアー独自のスタイリングに加え、パノラミックビューモニター(左右確認サポート付)やレーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)をはじめとする先進装備の積極的な採用など、高級感と先進性がさらに進化しました。

初代モデルの発売からまもなく20年を迎え、今回マイナーチェンジでテーマを「ハリアーネスのさらなる進化」としました。
動力では、滑らかで爽快な加速感を実現する2.0L直噴ターボエンジンを新採用し、スポーティさを追求。
また、より進化した都会的なエクステリアに加え、アルミヘアライン加飾を施したシフトパネルやプレミアムナッパ本革を採用したシート表皮など、「本物感」から「本物」を追求したインテリアを実現しました。

さらに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとする安全装備の充実を図るなど、細部にわたる改良を施しています。

*「高級・先進・洗練」を軸とするハリアーブランドの総称


詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

ハリアーメーカーサイトはこちらをご覧ください。

>>神戸トヨペット HARRIER スペシャルサイトはこちら



プリウスPHVをフルモデルチェンジ

-次世代環境車の柱として、EV走行距離を従来型比2倍超の68.2kmに拡大-

20160215_phv.jpgプリウスPHV「A」

・EVモードでの走行距離を68.2km*1に拡大。充電した電気が切れてもハイブリッド車として37.2km/L*2の低燃費を実現
・普通充電(200Vまたは100V)、急速充電*3、ソーラー充電システム*4とニーズで選べる充電方法
・トヨタ初の11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム*5とDCM*5*6により、安心・安全・便利な、つながるサービス「T-Connect」を提供

プリウスPHVをフルモデルチェンジし、2月15日に発売しました。

トヨタ自動車(株)(以下トヨタ)は、プラグインハイブリッド車(PHV)をハイブリッド車に次ぐ「次世代環境車の柱」として位置付け、大幅な商品強化に取り組んできました。
新型プリウスPHVは、「プリウス」の特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車(EV)らしい力強くスムーズな走りを実現。未来感あふれる先進装備に加えて充電の利便性も向上させ「いいクルマ」として進化させました。

PHVは、日々の通勤や買い物などではガソリンを使わないEVとして走行し、電池がなくなってもハイブリッド車として長距離ドライブを楽しむことができます。
トヨタは、PHVを人とクルマと自然が共生する社会を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050」の基幹車種と位置付けており、今後も更なる商品強化に取り組んでいきます。

今回あわせて、新たにウェルキャブ(メーカー完成特装車)を設定し、4月より発売予定。
新設定の助手席回転チルトシート車は、回転したシートの座面前側を下げることにより、要介助者の乗り降りをサポートするほか、介助者の負担も軽減いたします。

*1 エンジン、駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除されエンジンが作動。JC08モード・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値
*2 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
*3 Sを除く全車に標準装備、Sにオプション設定
*4 S、S"ナビパッケージ"にオプション設定
*5 Sを除く全車に標準装備
*6 DCM Data Communication Module

詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

プリウスPHVメーカーサイトはこちらをご覧ください。
プリウスPHV ウェルキャブメーカーサイトはこちらをご覧ください。

新型車C-HRを発売

-デザインと走りに徹底的にこだわった「TNGA第2号車」を投入-

20161214_news.jpg
Gグレード


新型車C-HR*1を開発し、12月14日に発売しました。

C-HRは、「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA*2の第2号車として投入しました。

TNGA第1号車のプリウス*3とプラットフォームを共通にしながらも、世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、運動性能にこだわってC-HRならではの「味付け」を実施。
「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」*4を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を追求しています。

また、C-HRが属するコンパクトSUV市場は、他市場に比べ内外装デザインを重視するお客様が多いため、デザインにも徹底的にこだわっています。

特に、外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発。
「センシュアル スピード-クロス」*5をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求しています。


*1 C-HR Compact High Rider、Cross Hatch Run-aboutといった2つの言葉から命名
*2 Toyota New Global Architecture。トヨタ自動車が全社を挙げてグローバルに取り組む、クルマづくりの構造改革。パワートレーンユニットとプラットフォームを一新し、全体最適を考え新開発することにより、クルマの基本性能や 商品力を飛躍的に向上させることを目指す
*3 2015年12月発売
*4 「レスポンス」 ドライバーの操作に対しクルマが即座に反応すること、の意
「リニアリティ」 ドライバーの操作量に対しクルマが忠実に応答し修正が必要無いこと、の意
「コンシステンシー」 車速・横G(カーブなどで外側にかかる力)・路面状況等に左右されずクルマの応答が常に一貫していること、の意 *5 「センシュアル」 大人の感性に響く造り込み、の意
「スピード」 キビキビとしたスピード感あふれるキャビン&ボディ、の意
「クロス」 SUVのたくましい足回り、の意


詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

C-HR メーカーサイトはこちらをご覧ください。
神戸トヨペットC-HR スペシャルサイトはこちらこちらをご覧ください。

マークXをマイナーチェンジ

-フロントを中心にデザインを一新、安全装備も充実-



20161122_news.jpg

250RDS


・大人のスポーティセダンとして、より洗練されたデザインに一新
・スポーツとスタンダードのシンプルなグレード体系に見直し、スポーツグレードを強化
・ボディ接合剛性の強化にあわせ、サスペンションを最適化するなど、基本性能を熟成
・全車に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備し、予防安全装備を充実

マークXをマイナーチェンジし、11月22日に発売しました。

マークXは、1968年より続く歴代マークIIが育んできた資質をさらに磨き上げ、2004年に新しい高級FRセダンとして誕生しました。
今回のマイナーチェンジでは、洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダンとして、フロントを中心にデザインを一新。
また、基本性能を熟成させるとともに、安全装備も充実しました。
さらに、新スポーツグレード「250RDS」、「350RDS」を設定しました。

*RDSは、Rakish Dynamic Sportsの略。Rakishは、軽快な、粋なという意


詳しくは下記メーカーサイト、または神戸トヨペット各店までお問い合わせください。

<マークX>メーカーサイトはこちらをご覧ください。

ホーム>神戸トヨペットニュース一覧>リリース情報

pagetop